薬局に出来ることをもっともっと。青い森のテック調剤薬局

テック調剤薬局公式フェイスブック

スタッフブログStaff Blog

イースト店管理栄養士 武井秀貴

2017.8.9 - [管理栄養士]

こんにちはイースト店、管理栄養士の武井秀貴です。
今年もねぶた祭りが終わり、これから涼しくなるかと思いますが、まだまだ注意して頂きたいのが「脱水・熱中症」の対策です。

最近は家の中にいても熱中症で倒れる人が増えています。
外にいるときはもちろんですが、家のなかにいるときでもクーラーや扇風機を使って部屋を涼しくし、こまめな水分補給をすることが大切です。

水分補給のポイント
・水分補給はタイミングが大切です。
のどの渇きを感じるようになると、それは脱水症状のサインなので、水分補給はのどが渇く前からこまめに行うのがオススメです。
・人は汗や尿などで1日に22.5リットルの水分を体の外に出しています。
体の外に出た水には塩分などのミネラルも含まれているので、食事や飲み物で補う必要があります。

この水分・ミネラルをバランスよく補給できるのが、
経口補水液(けいこうほすいえき)です。
経口補水液は、塩分・糖分が含まれている水で、ただの水よりも体での吸収が良く、脱水・熱中症の予防に適しています。

家で作れる経口補水液
・水1リットル、砂糖40g、塩3g
これらを混ぜると簡易的に経口補水液を作ることが出来ます。
飲みづらいと感じる方は、お好みでレモン汁を加えて頂くと、さっぱりとして飲みやすいと思います。

市販されている経口補水液
【ドリンクタイプ】

写真は経口補水液のアクアソリタとOS-1です。
水の中に糖やミネラルがバランスよく入っています。
OS-1は成分が点滴に近く、脱水症状の改善に有効です。
アクアソリタは、りんご味で飲みやすくなっています。
これらの商品は薬局でも販売しています。

 【ゼリータイプ】

液体だとむせてしまう方は、このようなとろみのあるゼリータイプが飲みやすいのでおすすめです。

 
おわりに・・・
経口補水液は脱水症状の改善に適した飲料ですが、飲み過ぎは塩分や糖分の摂り過ぎに繋がります。
大人は500mlのペットボトルで1日1本~2本、小さいお子さんは1日1本を目安にお飲みください。
脱水は1年中いつでも気を付ける必要がありますが、特にご高齢の方は体に含まれている水分が少ないので注意が必要です。

しっかりと水分補給をして残暑を乗り切りましょう!

 

»

«