薬局に出来ることをもっともっと。青い森のテック調剤薬局

テック調剤薬局公式インスタグラム
テック調剤薬局公式フェイスブック

今月の特集Monthly Pick Up

第126回 チョコレート

2019.7.4 - [健康 / 栄養]

カカオポリフェノールとは?
最近、食べ物に含まれている成分に対する関心が高まっています。
さまざまな成分の中でも、注目度が高いものといえばポリフェノール。
「動脈硬化予防に効果があるらしい」「体のサビ、活性酸素を退治してくれる……」などなど数多くの研究を通じて、その多彩な機能が次々に明らかにされています。
緑茶、赤ワインをはじめ、チョコレートの材料、カカオ豆にもカカオポリフェノールがたっぷり含まれています。
ポリフェノールを効率よく摂取できるもの。
それこそが素材を丸ごと使うことができるカカオ豆です。
ポリフェノールが豊富に含まれ、しかも気軽に利用しやすい食べ物の代表としてチョコレートやココアがあげられています。

カカオプロテインとは?
難消化性の物質は、小腸で消化吸収されず、大腸に届き、便の基材となってかさを増すことができます。
また、腸内細菌のえさとなり腸内フローラを変化させることで、整腸作用を及ぼします。
カカオプロテインには、便のかさ増し効果と整腸作用による「便通改善」の効果が期待できると言われています。

カカオポリフェノール・カカオプロテインのさまざまな効果
☆ 血圧低下 ☆
血管が詰まり、細くなることで血圧は上昇しますが、カカオポリフェノールをとることで、血管を広げる作用が期待できることがわかりました。

☆ 動脈硬化予防 ☆
動脈硬化を引き起こす原因のひとつは、体内に生じる活性酸素によってコレステロールが酸化されること。
カカオポリフェノールは強い抗酸化力で、酸化を抑える働きが期待されています。

☆ 美容効果 ☆
見た目年齢が若くても、肌は年齢とともに老化します。
カカオポリフェノールは、肌老化の原因のひとつである「活性酸素」が引き起こすトラブルを防ぐことが期待されています。

☆ アレルギーの改善 ☆
アレルギーの発症には過剰に作られる「活性酸素」が関わっています。
カカオポリフェノールは、この活性酸素を生み出すさまざまな因子の働きを抑制することが報告されています。

☆ 脳の活性化 ☆
脳は加齢とともに記憶や学習などの認知機能が低下します。
カカオポリフェノールは、脳の栄養といわれる「BDNF」に働きかけ、認知機能を高められる可能性があります。
※「BDNF」とは…脳由来神経栄養因子と呼ばれるタンパク質の一種で、神経細胞の発生や成長、維持や再生を促してくれます。

☆ 便通改善 ☆
便通をよくする方法には、便のかさを増すことと、腸内環境を整えることがあげられます。
世界で初めて抽出に成功したカカオプロテインの消化されにくい性質(難消化性)には便通改善の働きが期待されます。

このようにチョコレートには体にいいことがたくさんあります。
皆さんも適量のチョコレートを食べて毎日元気に過ごしませんか?

 

«